独学で行政書士試験に合格するためのポイントとは?

<行政書士は独学でも合格できる?>
行政書士試験は受験資格がなく誰でも受験できますが、法律系の国家資格ということもあって、簡単に合格できる試験ではありません。
行政書士試験合格に特化した予備校に通ったり、行政書士試験合格対策の通信講座を受講して勉強を進める人もたくさんいます。
行政書士試験は、独学では合格することは不可能なのでしょうか?
いいえ、そのようなことはありません。
法律についてまったく知識がない人でも、独学で合格することは十分可能です。

<独学で行政書士試験に合格するためには?>
それでは、独学で行政書士試験に合格するためのポイントをご紹介しましょう。

①行政書士試験の傾向と対策をしっかり把握
行政書士試験は、試験科目が多く、出題の範囲が広いのが特徴です。
本格的に勉強をはじめる前に、行政書士試験の試験科目と出題範囲は必ずチェックします。
行政書士試験の過去数年分の問題などを確認し、出題の傾向を把握して、どのように勉強をすすめていくか、対策を講じておかなくてはなりません。

②学習目標を設定し計画的に勉強を進める
独学の場合だと、つい気持ちが緩んでしまい、勉強が続かなくなってしまって途中で挫折してしまう人もいます。このようにならないためには、長期と短期の学習目標を設定し、計画的に勉強を進めることが大切です。

③自分に合ったテキストと問題集を見つける
独学の場合は、行政書士試験対策に必要なテキストや問題集を自分で見つけて購入しなくてはなりません。
自分の実力に合ったテキストと問題集を見つけて、徹底的に使いこなすことが合格のポイントになります。