行政書士試験に合格するためにやっておきたい勉強法

行政書士試験は合格率が約8%の難関試験ですが、同じ法律系の国家資格である弁護士や司法書士と比較すれば、ずっと取りやすい資格です。
しかし行政書士試験に合格するためには、それなりの勉強も必要です。
ここでは行政書士試験に合格するために、これだけはやっておきたい勉強法についてまとめてみました。

<過去問を解いて出題傾向を把握>
行政書士試験勉強をスタートさせるにあたって、最初にやるべきことが行政書士試験問題の出題傾向を把握することです。
5年間分の過去問を最低3回は繰り返し解く、という勉強法で行政書士試験問題の出題傾向が把握できます。出題傾向が把握できるようになれば、どこを重点的に勉強すればいいのかも分かってくるでしょう。

<自分に合ったテキストで基礎力養成>
行政書士試験の過去問を解いて、出題傾向がある程度把握できるようになったら、自分に合った行政書士試験対策用のテキストを1冊は購入しましょう。
テキストはスキマ時間などを有効活用して、徹底的に読み込むようにします。
重要だと思う箇所やなかなか覚えられない箇所にはマーカーで印をつけて、何度も読んで覚えるようにします。この勉強法で基礎力が確実に養成されます。

<レベル別問題集で実戦力を>
本試験に対応できる実戦力をつけるためには、レベル別問題集を上手に使った勉強法がおすすめです。
最初は、薄い基礎レベルの問題集を選んで問題を解いてみましょう。確実に正解できるようになれば、レベルアップして本試験実戦レベルの問題集にチャレンジしていきます。レベルに応じた問題をどんどん解くことによって、本試験に十分対応できるだけの実戦力がつくはずです。